東京で美容外科の求人を探す意義

美容外科の世界に興味を持つ

受付、資格、美容整形外科クリニックの受付求人|美受(ビージュ)

私はもともと外科医として大学病院に勤めていました。
医療を志す者としてその大変さや忙しさというのは覚悟の上だったので、それほど苦痛ではありませんでしたが、身体にかかってくる負担というのは精神的な努力ではどうにもできない一面を持ちます。
ある日私は体調を崩して休憩室で休んでいました。
しかし急患の患者さんが運ばれてきて緊急オペをすることになったのです。
こういうのはいつものことですので、精神的には慣れていたのですが、蓄積されている肉体的疲労というのを脱ぐことが出来ず、手術中にめまいのようなものを感じてしまい、危うく大きな医療ミスを招くところでした。
その手術は何とか無事に乗り切ることができましたが、自分の今後に大きな不安を抱えることになりました。
医者や看護師にとっては数を多くの患者の中の一人にすぎませんが、その人の家族にとってはかけがえのない一人に違いありません。
本来はたった一度のミスでも許されてはいけません。
過酷な医療現場に立つことができる人間というのは、それなりの技術と覚悟、そして自分自身がなにより健康でなければいけないということを学びました。
よって私はその現場を退職し別の求人を探すことになったのです。
同じ外科医として職を探すこともできましたが、退職を機に本当に自分がやりたいこととは何なのだろうかと考えるようになりました。
私は前回の職場にいて一番嬉しかったことを思い浮かべました。
それは何より患者さんの笑顔でした。

東京の美容外科の求人を探しました

ずっと美容には興味があり、仕事をするなら美容外科で医師として働きたいという気持ちをもっていました。
美容についての勉強は毎日欠かしませんでした。
学生のころから、いろいろな美容関係の雑誌を買ってきて、勉強の合間に読んでいました。
勉強は正直あまり好きではなかったのですが、美容外科の医師になるためには勉強をして大学にいかないといけないことはわかっていました。
そのため、かなり必死に勉強も頑張りました。
医師になり、もっと美しくなりたいと思って頑張っている女性の力になりたい、と強く願っていました。
少しでもきれいになりたいと思っている人の役に立ちたい、という気持ちがあったので、勉強はそこまで好きではなかったのですが、一生懸命頑張ることができました。
大学にも無事に入ることができ、毎日勉強をしました。
大学生になり遊んでばかりの友達もいましたが、私は絶対にこの大学という時間をムダにしないと思って勉強を頑張りました。
彼氏も作りたいという気持ちがありましたが、そんな暇が自分にはありませんでした。
将来の夢をかなえるために、とにかくがむしゃらに勉強をしました。
かなり一生懸命勉強をしたことで、私は無事に美容外科の医師になることができました。
地元は関西なのですが、できれば東京の大きな病院で働いて、いろいろな知識を身につけたいと思いました。
いずれは、開業をして自分の病院を持ちたいと思っていましたが、それまでに大きな病院で働いて、いろいろと知識をつけないといけないと考えていました。
知識をつければ、それだけいろいろな人に頼りにされると考えました。
地元に帰るまでに、最新の美容について学び、それをもってかえって開業をする予定でした。
そのため、大学を卒業してから、しばらくは東京で働こうと思っていました。
私は東京の美容外科の求人を探しました。
東京にはかなり多くの病院があり迷ったのですが、すごく評判がよくて大きな病院を選びました。
そこなら、きっといろいろなことが学べると思いました。
同じ大学を卒業した先輩もその病院で働いているので、その先輩にいろいろと聞きました。
そしたら、多くのことを教えてもらえました。
優秀な医師がいるとか、とても働きやすい病院だといわれました。
その先輩の言葉を信じて、私はその病院に就職をしました。
東京でもかなり大きな病院だったので、とても充実した毎日を送ることができました。
新しい知識も毎日身につけることができましたし、多くのことを先輩に教わりました。
最新の美容について学ぶ機会も多くありました。いろいろな事例があり、こんなふうにしたらいいんだ、といったことも多くありました。勉強会も頻繁に開催されていたので、勉強会にも参加をしていろいろと学び勉強をしました。
美容の知識を多くの患者さんに伝えることで、患者さんに感謝をされることも増えました。
患者さんに頼りにされることがとてもうれしくて、やりがいを感じていました。
私が働いている病院は、給料も悪くなかったので、かなり稼ぐこともできました。
給料も悪くないですし、いろいろな人と関わることができますし、とにかく楽しくて毎日あっという間に過ぎていっています。
美容外科での仕事がこんなに楽しいと思っていませんでした。
ずっと夢だった医師になることができたので、学生のころやりたいことを我慢して勉強を頑張ったかいがあったと毎日感じています。
東京にはいろいろな求人があったのですが、ここを選んで本当によかったです。
知識を多くつけることもできましたし、自分も成長することができました。
将来は、地元に帰って自分の病院を開業する予定にしています。
今から楽しみでわくわくしています。そのために、今はもうちょっとこちらで頑張るつもりです。
その笑顔に一人でも多くで会いたいと思い、私は過酷な現場から美容外科という少し違った世界の医療を志すことに決めたのです。

美容外科の世界に興味を持つ東京という場所にこだわった